ヨドコウ迎賓館
a0018719_1957551.jpg

台風のせまる中、アメニモマケズヨドコウ迎賓館にイッテキマシタ。
フランク・ロイド・ライト設計
1924年(大正13年)中頃 竣工
鉄筋コンクリート造
昭和49年国指定重要文化財



フランク・ロイド・ライトといえば、帝国ホテルですねぇ。
明治村で玄関だけ保存されていますが、玄関横の
大きな植木鉢(とはいわないだろうけど・・・)とか、
大谷石の彫刻など共通も発見。

建物内は撮影禁止なので、お見せできないのが残念。
以下めっちゃ素人のひとりごと。(笑)

アイボリーの壁とこげ茶(マホガニー)のコントラストが素晴らしい
食堂室は4階にあって、めっちゃひろ~いバルコニー(海が見える)に
隣接してました。食卓について斜め上を見ると、小さな三角窓が並んでて、
昼間は採光、夜は星空がみえるという、まぁなんともステキな食堂。
意外とこじんまりした広さだった。
当時の台所設備は外国製品がならび、オール電化だったらしく、
恐ろしく電気代がかかったらしい。

応接室や寝室などあらゆる部屋に高窓があるんだけど、
これがまたハガキサイズくらい?のちいさな窓で。
それがずらずら~~~~っと並んでるんです。
しかも、ひとつひとつに木のフタというか扉がついてる!
当初は通風と採光のために網戸だったらしいけど、
多湿な日本ではあわなかったらしく、後にガラスがはめ込まれたそうです。
ライトさんも日本の気候にはびっくりしたかな?(^_^;)

構造は、今でいうバリアフリーとはほど遠く、まるで迷路。
って私が方向音痴なだけか・・・?

しかし、各部屋は緑に囲まれ、バルコニーに出ると海が見渡せる。
もぉほんとステキな建物でした。

a0018719_20185864.jpg


a0018719_201991.jpg

玄関横のおおきな植木鉢。
[PR]
by hakohugu7 | 2007-07-15 20:22 | Building





<< Bud of lotus ポラdeまったりカフェタイム >>